忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

内訳


初リンク。この初リンクには注意が必要です。発リンクは内部リンクを多くした方がいいのです。アフィリエイトタグをたくさん張っている、これから張る予定だというのであればなおさらです。アフィリエイトタグを張るということは、外部への発リンクをしているということです。その外部への発リンクがただでさえ多いのに、さらにアフィリエイトタグ以外の外部リンクを貼るのは危険なのです。それはなぜかと言いますと、検索エンジンはアフィリエイトタグを嫌う傾向があるのです。アフィリエイトタグを大量に貼り付けてあるサイトやブログは、検索エンジンからの評価が下がります。検索エンジンは、アフィリエイトタグをたくさん張り付けたサイトの順位を落とすために動いています。適度な数のアフィリエイトタグなら問題ありませんが、あまりにもアフィリエイトタグが多いサイトやブログは、検索エンジンに順位を落とされてしまいますので、出来るだけ内部リンクを増やしてクローラーを呼び込むようにします。

購買目的キーワードは短期で新規売上あがる。情報収集目的キーワードの一部は中長期で新規売上に繋がる
購買目的キーワードはヘッド・テール・ロングテール問わず売上に繋がる。ビッグ・ミドル・スモール違い
Web営業パーソンとリアル営業パーソンの二本立てで現実世界とインターネット世界を攻略する

催眠で過去に遡って(前世まで遡って)情報を引き出し問題解決を図るサービスサイト
催眠前世

愛媛県松山市、粗大ゴミや一般ゴミの回収処分サービスページ
ゴミ 回収松山

被リンクとは。被リンク7個=負荷7。被リンク50=負荷50。負荷調整・負荷管理が被リンク対策の要
「Webサイトへの入口=トップページURL」では無い。SEO対策でサイト内のサブページ群も入口化
2000年代からSEOサービスを提供,実戦経験と実績が「豊富」なSEOプロフェッショナル
現グーグル検索で被リンクは効か無くなっている?ノー、非常によく効く。何時効き始めるか判り辛いだけ
トップページURLのみに被リンク集中ではサイト全体の検索経由アクセス数は年々減る。リンクジュース
テキストリンクを増やす
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムで発生するペナルティ
上位表示維持の足枷になる被リンク、足枷にならない被リンク。弱いバックリンク,強いバックリンク
月間検索数多いヘッドは被リンクにコストかかる。検索数の少ないロングテールは記事作成にコストかかる
旧サイト⇒301リダイレクト⇒新サイト。引継ぐ「被リンク構造そのもの」に問題あれば再度ペナルティ
グーグルSEOに強いWebサイト。高強度「サイトアーキテクチャー,コンテンツ,被リンク,更新」
PR


検索ユーザーが求めていることに応えることが出来る情報提供をしているサイトやブログはファンも増えますし、アクセスもアップします。アクセスがアップしてファンが増えればお気に入りに登録してくれる人も増えますし、自然な被リンクも増えてきます。すると、検索結果の上位に表示されるようになってきますし、すでに検索結果の1位に表示されているのであれば、その地位を維持し続けることが出来るのです^^。検索結果のランキングを上げることに比べて、検索結果の1位を維持し続けるのはとても難しいことです。どのようなアルゴリズムに変わるかというのも関わってきますし、アルゴリズムが変わることにより、今までは大丈夫だったSEOの施策がNGになることもあります。正式なSEOを施していればアルゴリズムが変わったとしても何ら問題はないのですが、最近のGoogleのアルゴリズムは謎が多いので、SEOを施す際は、慎重に施していかなくてはならなくなったのです。

URLは車、コンテンツがエンジン,HTMLソースはターボ,被リンクが燃料
「お知らせTwitter」は無くす方向で進める。事業ごとに2つもアカウントは要らぬ

池袋店ホームページ、ヒプノセラピーサービス(催眠療法)
ヒプノ セラピー池袋

Google検索エンジン経由アクセスアップのポイントは「記事数」では無く「文字数」。集客数増やす
サイトアーキテクチャーとは。要所3つ。URL論理構造、HTML(ページ)論理構造、リンク論理構造
獲得済み被リンクに占めるニュー被リンクの割合が高まると順位不安定に。オールド被リンク増加で安定へ
外部SEO戦略。被リンク強度は固定し、貼られ続ける固定被リンクを増やす。オールド被リンク増⇒安定
「企業体力が有る」内に構造改革を進めるのが経営家。企業が健康体であって、初めて構造改革は成功する
内部要因=コンテンツ。外部要因=被リンク。内部対策⇒外部対策。コンテンツSEO⇒被リンクSEO
キーワードAで最適化されたコンテンツを複合キーワードABでGoogle安定上位表示は可能?不可能
トップページがコンテンツSEOに不向きならサブURLで対策。無駄&無理
SEO集客増加のポイント「被リンクの伴うコンテンツを増やす」「常にコンテンツと被リンクはセット」
Google当局が行う2つの調節。被リンク緩和・被リンク引締め、コンテンツ緩和・コンテンツ引締め
なぜエンパワーメントが必要か?何でもセルフ志向な経営者は滅びる
集客目的URLと営業目的URLの違い。「SEO集客優先・営業劣後」か逆か
被リンクのペナルティーはある。外部リンクを貼る前以上にSEOスコア落ちる事も。SEO対策スパム

キーワード


表示の記事でも書きましたが、自分のサイトやブログが上位に表示されているというのは、アクセス数やクリックの数も下位に表示されているのと違ってぐっと増えることを意味します。しかし、キーワードによっては、検索ユーザーは検索結果の1、2ページ目以降でも見ることがあります。そのキーワードとは、自分(検索ユーザー自身)に関わりのあることに関しては、検索結果の1、2ページ目以降でも見る傾向があります。ただし、検索結果の1,2ページ目以降も検索ユーザーが見るのは、検索エンジンの検索窓に、求めている情報のキーワードをすべて入力して検索をした場合に限ります。検索ユーザーが求めている情報のキーワードをすべて検索窓に入力して検索していなかった場合、検索結果の自分の欲しい情報がなかったら、求めているキーワードを検索窓に追加して再検査をかけるからです。このパターンですと、残念ながら検索結果の1ページ目、見ても2ページ目までしか見ることはありません。

短期間で検索順位を上げる

退行ヒプノとは。催眠術のサイト
退行催眠

中長期で通用するSEO対策用サテライトサイトの制作コスト目安。衛星サイト原価、最低3万~5万円
安定1位表示の3要素「コンテンツの質、被リンクの質、被リンクの量」
順位SEOと集客数SEO。個々のURL順位に頼らず全体の勢い集客数に頼る
コンバージョン目的URLとSEO目的URLに分けて、サイト内のSEO目的URLに被リンク対策施す
情報充実URLは順位上がり易く情報不足URLは上がり辛い。ネットショップ商品ページも例外では無い
「優先順位」高い順に仕事こなせ無くなった時が緊急休養のタイミング
起点はキーワード、基点はコンテンツ。他SEO要素の記述自ずと決る
中長期的な「安定1位表示,安定上位表示」を実現する「SEO内部対策」の流れ・方法・やり方・進め方
SEO業者のSEOサービス二大構成要素。コンサルティング,被リンク供給
黒田バズーカ砲の短期的効果は切れた。残るは日銀砲によるマネタリーベース拡大、中長期効果。円安圧力
経営の玄人「経営家」。インカムゲイン目的の企業所有の玄人「投資家」。「経営家+投資家=資本家」
グーグル・ヤフーで「SEO対策」37位。ビッグワードは被リンクペナルティ回避最優先で対策
ニュー被リンクとオールド被リンクの時間軸での増減推移の例※毎月一定「量」被リンク対策を施した場合
URLの内部SEOスコアは其のページ内部だけで決まらず。下層URL群も影響。内部スコアに上限無し