忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

内訳


初リンク。この初リンクには注意が必要です。発リンクは内部リンクを多くした方がいいのです。アフィリエイトタグをたくさん張っている、これから張る予定だというのであればなおさらです。アフィリエイトタグを張るということは、外部への発リンクをしているということです。その外部への発リンクがただでさえ多いのに、さらにアフィリエイトタグ以外の外部リンクを貼るのは危険なのです。それはなぜかと言いますと、検索エンジンはアフィリエイトタグを嫌う傾向があるのです。アフィリエイトタグを大量に貼り付けてあるサイトやブログは、検索エンジンからの評価が下がります。検索エンジンは、アフィリエイトタグをたくさん張り付けたサイトの順位を落とすために動いています。適度な数のアフィリエイトタグなら問題ありませんが、あまりにもアフィリエイトタグが多いサイトやブログは、検索エンジンに順位を落とされてしまいますので、出来るだけ内部リンクを増やしてクローラーを呼び込むようにします。

催眠で過去に遡って(前世まで遡って)情報を引き出し問題解決を図るサービスサイト
催眠前世

愛媛県松山市、粗大ゴミや一般ゴミの回収処分サービスページ
ゴミ 回収松山
PR


検索ユーザーが求めていることに応えることが出来る情報提供をしているサイトやブログはファンも増えますし、アクセスもアップします。アクセスがアップしてファンが増えればお気に入りに登録してくれる人も増えますし、自然な被リンクも増えてきます。すると、検索結果の上位に表示されるようになってきますし、すでに検索結果の1位に表示されているのであれば、その地位を維持し続けることが出来るのです^^。検索結果のランキングを上げることに比べて、検索結果の1位を維持し続けるのはとても難しいことです。どのようなアルゴリズムに変わるかというのも関わってきますし、アルゴリズムが変わることにより、今までは大丈夫だったSEOの施策がNGになることもあります。正式なSEOを施していればアルゴリズムが変わったとしても何ら問題はないのですが、最近のGoogleのアルゴリズムは謎が多いので、SEOを施す際は、慎重に施していかなくてはならなくなったのです。

池袋店ホームページ、ヒプノセラピーサービス(催眠療法)
ヒプノ セラピー池袋

キーワード


表示の記事でも書きましたが、自分のサイトやブログが上位に表示されているというのは、アクセス数やクリックの数も下位に表示されているのと違ってぐっと増えることを意味します。しかし、キーワードによっては、検索ユーザーは検索結果の1、2ページ目以降でも見ることがあります。そのキーワードとは、自分(検索ユーザー自身)に関わりのあることに関しては、検索結果の1、2ページ目以降でも見る傾向があります。ただし、検索結果の1,2ページ目以降も検索ユーザーが見るのは、検索エンジンの検索窓に、求めている情報のキーワードをすべて入力して検索をした場合に限ります。検索ユーザーが求めている情報のキーワードをすべて検索窓に入力して検索していなかった場合、検索結果の自分の欲しい情報がなかったら、求めているキーワードを検索窓に追加して再検査をかけるからです。このパターンですと、残念ながら検索結果の1ページ目、見ても2ページ目までしか見ることはありません。

退行ヒプノとは。催眠術のサイト
退行催眠