忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

表示


検索結果の上位に表示されているサイトはクリック数が多くなると言われています。検索エンジン経由でキーワード検索をしてくる検索ユーザーは、だいたい検索結果の1ページ目、見ても2ページ目までと言われています。ですが、今は検索ユーザーの検索スキルも上がってきているので、ほとんどの検索ユーザーは、検索結果の2ページ目まで見ることは少なくなってきています。ほとんどの検索ユーザーは、検索結果の1ページ目を見て、自分の欲している情報がその検索結果にないとわ分かると、すぐに違うキーワードを検索窓に入力して再検査をします。このことから、自分のサイトやブログをできるだけ1ページ目、しかも1ページ目の上位に表示させようとするのです。それがSEOを施すということです。自分のサイトやブログを検索結果のなるべく上位に表示させるようにする、それがSEOなのです。検索結果の上位に表示されているサイトやブログと、下位に表示されているサイトやブログの差は歴然です。

催眠療法を使ったカウンセリングサービス、池袋店HP
池袋カウンセリング

SEO集客の「好循環」を生み出す「コンテンツ・被リンク・バランス」
熱い鉄だけを徹底的に打つ。冷めたら打たない、再加熱の努力もしない
URLの順位上がるかどうかは「内部対策の出来」で決まる。強い被リンクだけで安定1位は実現不可能
オーソリティSEO。ディレクトリ,ペイレベル・サブドメイン権威対策
衛星サイトの記事に「関連性」は必要か?不要。非関連記事で安定上位実現可能
Google外部SEO対策の要、3要素「被リンクエイジ,衛星サイトエイジ,リンクポピュラリティ」
サイトリニューアルやページ更新で逆に順位ダウン。理由原因。逆SEO
FOMC年内緩和縮小。米が引締めに転ずれば円安進行。株高は国内マネタリーベース拡大に合わせて進行
各URLへの被リンク対策心得。鉄則「コンテンツ先・被リンク後」を守りバックリンクペナルティ回避
SEO集客アップの4要素。「安定1位表示の3要素」+「コンテンツの量」
ビジネスも、サービスも、記事(コンテンツ)も、Webサイトも、「走らせながら」完成させる
「コンテンツ,被リンク,衛星サイト」の3つは「毎月強度を固定」する。被リンクの「数」は変動でOK
内部対策はオリジナル部分SEO・コンテンツSEO優先。共通部分SEO劣後
被リンク対策の進め方。1位表示に向け被リンク「全体」を最適化。被リンク「部分」の最適化は捨てる
SEO用の衛星サイト(サテライトサイト)は継続更新不要。更新無しでも「1位表示させる力」失われず
PR