忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


検索ユーザーが求めていることに応えることが出来る情報提供をしているサイトやブログはファンも増えますし、アクセスもアップします。アクセスがアップしてファンが増えればお気に入りに登録してくれる人も増えますし、自然な被リンクも増えてきます。すると、検索結果の上位に表示されるようになってきますし、すでに検索結果の1位に表示されているのであれば、その地位を維持し続けることが出来るのです^^。検索結果のランキングを上げることに比べて、検索結果の1位を維持し続けるのはとても難しいことです。どのようなアルゴリズムに変わるかというのも関わってきますし、アルゴリズムが変わることにより、今までは大丈夫だったSEOの施策がNGになることもあります。正式なSEOを施していればアルゴリズムが変わったとしても何ら問題はないのですが、最近のGoogleのアルゴリズムは謎が多いので、SEOを施す際は、慎重に施していかなくてはならなくなったのです。

URLは車、コンテンツがエンジン,HTMLソースはターボ,被リンクが燃料
「お知らせTwitter」は無くす方向で進める。事業ごとに2つもアカウントは要らぬ

池袋店ホームページ、ヒプノセラピーサービス(催眠療法)
ヒプノ セラピー池袋

Google検索エンジン経由アクセスアップのポイントは「記事数」では無く「文字数」。集客数増やす
サイトアーキテクチャーとは。要所3つ。URL論理構造、HTML(ページ)論理構造、リンク論理構造
獲得済み被リンクに占めるニュー被リンクの割合が高まると順位不安定に。オールド被リンク増加で安定へ
外部SEO戦略。被リンク強度は固定し、貼られ続ける固定被リンクを増やす。オールド被リンク増⇒安定
「企業体力が有る」内に構造改革を進めるのが経営家。企業が健康体であって、初めて構造改革は成功する
内部要因=コンテンツ。外部要因=被リンク。内部対策⇒外部対策。コンテンツSEO⇒被リンクSEO
キーワードAで最適化されたコンテンツを複合キーワードABでGoogle安定上位表示は可能?不可能
トップページがコンテンツSEOに不向きならサブURLで対策。無駄&無理
SEO集客増加のポイント「被リンクの伴うコンテンツを増やす」「常にコンテンツと被リンクはセット」
Google当局が行う2つの調節。被リンク緩和・被リンク引締め、コンテンツ緩和・コンテンツ引締め
なぜエンパワーメントが必要か?何でもセルフ志向な経営者は滅びる
集客目的URLと営業目的URLの違い。「SEO集客優先・営業劣後」か逆か
被リンクのペナルティーはある。外部リンクを貼る前以上にSEOスコア落ちる事も。SEO対策スパム
PR