忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

キーワード


表示の記事でも書きましたが、自分のサイトやブログが上位に表示されているというのは、アクセス数やクリックの数も下位に表示されているのと違ってぐっと増えることを意味します。しかし、キーワードによっては、検索ユーザーは検索結果の1、2ページ目以降でも見ることがあります。そのキーワードとは、自分(検索ユーザー自身)に関わりのあることに関しては、検索結果の1、2ページ目以降でも見る傾向があります。ただし、検索結果の1,2ページ目以降も検索ユーザーが見るのは、検索エンジンの検索窓に、求めている情報のキーワードをすべて入力して検索をした場合に限ります。検索ユーザーが求めている情報のキーワードをすべて検索窓に入力して検索していなかった場合、検索結果の自分の欲しい情報がなかったら、求めているキーワードを検索窓に追加して再検査をかけるからです。このパターンですと、残念ながら検索結果の1ページ目、見ても2ページ目までしか見ることはありません。

短期間で検索順位を上げる

退行ヒプノとは。催眠術のサイト
退行催眠

中長期で通用するSEO対策用サテライトサイトの制作コスト目安。衛星サイト原価、最低3万~5万円
安定1位表示の3要素「コンテンツの質、被リンクの質、被リンクの量」
順位SEOと集客数SEO。個々のURL順位に頼らず全体の勢い集客数に頼る
コンバージョン目的URLとSEO目的URLに分けて、サイト内のSEO目的URLに被リンク対策施す
情報充実URLは順位上がり易く情報不足URLは上がり辛い。ネットショップ商品ページも例外では無い
「優先順位」高い順に仕事こなせ無くなった時が緊急休養のタイミング
起点はキーワード、基点はコンテンツ。他SEO要素の記述自ずと決る
中長期的な「安定1位表示,安定上位表示」を実現する「SEO内部対策」の流れ・方法・やり方・進め方
SEO業者のSEOサービス二大構成要素。コンサルティング,被リンク供給
黒田バズーカ砲の短期的効果は切れた。残るは日銀砲によるマネタリーベース拡大、中長期効果。円安圧力
経営の玄人「経営家」。インカムゲイン目的の企業所有の玄人「投資家」。「経営家+投資家=資本家」
グーグル・ヤフーで「SEO対策」37位。ビッグワードは被リンクペナルティ回避最優先で対策
ニュー被リンクとオールド被リンクの時間軸での増減推移の例※毎月一定「量」被リンク対策を施した場合
URLの内部SEOスコアは其のページ内部だけで決まらず。下層URL群も影響。内部スコアに上限無し
PR

表示


検索結果の上位に表示されているサイトはクリック数が多くなると言われています。検索エンジン経由でキーワード検索をしてくる検索ユーザーは、だいたい検索結果の1ページ目、見ても2ページ目までと言われています。ですが、今は検索ユーザーの検索スキルも上がってきているので、ほとんどの検索ユーザーは、検索結果の2ページ目まで見ることは少なくなってきています。ほとんどの検索ユーザーは、検索結果の1ページ目を見て、自分の欲している情報がその検索結果にないとわ分かると、すぐに違うキーワードを検索窓に入力して再検査をします。このことから、自分のサイトやブログをできるだけ1ページ目、しかも1ページ目の上位に表示させようとするのです。それがSEOを施すということです。自分のサイトやブログを検索結果のなるべく上位に表示させるようにする、それがSEOなのです。検索結果の上位に表示されているサイトやブログと、下位に表示されているサイトやブログの差は歴然です。

催眠療法を使ったカウンセリングサービス、池袋店HP
池袋カウンセリング

SEO集客の「好循環」を生み出す「コンテンツ・被リンク・バランス」
熱い鉄だけを徹底的に打つ。冷めたら打たない、再加熱の努力もしない
URLの順位上がるかどうかは「内部対策の出来」で決まる。強い被リンクだけで安定1位は実現不可能
オーソリティSEO。ディレクトリ,ペイレベル・サブドメイン権威対策
衛星サイトの記事に「関連性」は必要か?不要。非関連記事で安定上位実現可能
Google外部SEO対策の要、3要素「被リンクエイジ,衛星サイトエイジ,リンクポピュラリティ」
サイトリニューアルやページ更新で逆に順位ダウン。理由原因。逆SEO
FOMC年内緩和縮小。米が引締めに転ずれば円安進行。株高は国内マネタリーベース拡大に合わせて進行
各URLへの被リンク対策心得。鉄則「コンテンツ先・被リンク後」を守りバックリンクペナルティ回避
SEO集客アップの4要素。「安定1位表示の3要素」+「コンテンツの量」
ビジネスも、サービスも、記事(コンテンツ)も、Webサイトも、「走らせながら」完成させる
「コンテンツ,被リンク,衛星サイト」の3つは「毎月強度を固定」する。被リンクの「数」は変動でOK
内部対策はオリジナル部分SEO・コンテンツSEO優先。共通部分SEO劣後
被リンク対策の進め方。1位表示に向け被リンク「全体」を最適化。被リンク「部分」の最適化は捨てる
SEO用の衛星サイト(サテライトサイト)は継続更新不要。更新無しでも「1位表示させる力」失われず

利用②


自分が使ったことのない知らない商品が絶対に売れる、紹介しなくては損だ!!!と判断した時、商品説明は他の人の商品説明をコピー&ペーストするのはやめてくださいと利用の記事に書きました。では自分が使ったことのない商品を、どのようにもっともらしく説明するか。インターネットを利用します。その商品をインターネットで検索して情報収集します。その収集した情報を、自分の言葉にしてまとめて、売れるような商品説明を考えます。オリジナルの商品説明というのが大事なのです。もしも、検索ユーザーが、同じ商品を扱っている他の店舗のサイトを見て、商品説明が全く同じだった場合迷うことになります。今の消費者は、金額で商品購入を決めますから、安い店舗で購入します。それではアフィリエイトの意味がありません。自分の言葉で紹介した商品が売れる喜びというものを味わってほしいのです^^。価格だけで物が売れる時代というのは簡単ではありますが、寂しくもありますから・・・。

被リンクの種類は2つ「共通部分,オリジナル部分」。組合せ方は3通り
重複コンテント(Content)セーフ、重複コンテンツContentsはアウト
SEO集客Blogは更新日(更新頻度)固定厳禁。集客Blog群全体で集客数固定
「URL=コンテンツ」「URL=オリジナル部分」時代へ2013年。ページの「共通部分」重要度低下
国内景気見通し。中小企業は?日本経済、2014年・2015年。構造面に着目
ニュー被リンクとオールド被リンクの違い比較。安定的上位表示・不動の1位表示の要、オールド被リンク
コンテンツ内容で被リンク対策するキーワード決まる。キーワード選定
新式のニュー衛星サイトと旧式のオールド衛星サイト。どちらが安全か
「Bingで上位表示、Googleは検索圏外」原因。被リンク過剰パターン化
「被リンクは殆ど効かなくなった」は半分本当で半分嘘。SEO成功する情報強者と失敗する情報弱者違い
SEO成功するキーワード割当方法2つ。ページに沿うキーワード割当てる。キーワードに沿うページ作る
順位上げるSEOスパムに強く、順位下げる逆SEO対策・逆SEOスパム・ネガティブSEOに弱いグーグル検索エンジン
対策キーワードはマスマーケットとニッチに選り分ける事が大事。マスマーケットSEOとニッチSEO
「新」はエイジングフィルターの対象、「新URL,新被リンク」等。「新⇒エイジ期間⇒古」で正当評価
営業目的ブログとSEO集客目的ブログに分離。集客は機動、営業は人心
短期的なアルゴリズムに最適化させても上位表示は一時的・一過性で終わる。中長期アルゴリズムに最適化